テニスを始めたばかりの方、初心者の方はボールを打つ前にまずリフティングをやらされると思います。

 

テニス未経験で部活に入った方なんかもそうですよね。

あれってただボールを上に打っているだけでなんの意味があるんだろう、これがテニスどう繋がっていくんだろうと疑問に思いながらやっている方って結構多いと思うんです。

 

テニスのリフティングにはしっかりした意味・効果があってそれを理解してやらないと効果が出にくいので、その意味や効果について説明していきます。

 

リフティングのポイント

テニスのリフティングはラケット面を上に向けてボールを上に軽く打ちそれをひたすら続けていきます。

 

このときのポイントとしてはまず、スイートスポット(ラケットの真ん中)にしっかり当てること、そしておへその高さでボールを捉えることです。

 

初心者でまだラケットやボールに慣れていないとスイートスポットに当たらなかったり、おへその高さまでボールが落ちてくるのを待てずに顔の高さに打ってしまうことがあるので注意が必要です。

 

さらにもう一つのポイントとして、ボールが当たる瞬間だけグリップを握るようにすることです。

リフティングは力をずっと入れていてもできるのですが、この練習をするときはなるべく力を抜いて当たる瞬間だけ力を入れる、グリップを握るというのがポイントになります。

リフティングの意味・効果

今紹介したポイントを意識して練習することで効果が表れてくるでしょう。

 

どのような効果があるのかというと、まずスイートスポットに当てられるようになることでラケットを使う感覚が良くなり、普通にストロークを打つときもスイートスポットに当たりやすくなるのでコントロール能力の向上が期待できます。

 

次におへその高さで打てるようになることで、ストロークを打つときにボールをしっかり待って打てるようになることでしょう。

どうしてもこのリフティングが上手くできないプレーヤーはストロークを打つときに上手く距離感が取れず、ボールのあがりっぱなを打ってしまいミスが増えてしまうことが多いです。

 

テニスのストロークは通常ボールが落ちてきた力がなくなってきているときに打つことでコントロールしやすくなるので、このことは大切です。

 

 

そして最後にボールが当たる瞬間だけ力を入れられるようになることで、無駄な力を抜いたスイングがしやすくなるはずです。

 

テニスではストロークに限らず、ボレーやサーブでも無駄な力を抜くこと良いスイングになり、ボールも良いボールが飛ぶようになります。

打つ瞬間だけ力を入れる癖をつけることで自然な力の抜けたフォームが身についていくことでしょう。

 

まとめ

テニスのリフティングというのはとても地味で、ボールを打つのに比べたら退屈でつまらないものかもしれません。

 

ですが、ここで紹介したポイントを意識して練習することで効果が期待できるので、もしまたリフティングをする機会があったら、何も考えずにやるのではなく、しっかりポイントを意識するようにしましょう。

スポンサーリンク