プロの選手の歩き方って注意して見たことありますか?

プロの選手のフォームや戦術を研究するというのはとても良いことなのですが、プロの選手からアナベルことはコート内だけでなく、コート外にいるときの仕草も勉強になるんです。

 

今回はその中でも歩き方の姿勢の大切さについて記事にしていきます。

 

 

テニスに限らずスポーツの多くは姿勢が崩れないことや、地面から上手く力を伝えられるようになることが大切になってきます。

 

そしてそのためにはまず、歩き方というのがとても大切になってきます。

プロの選手を見ても歩き方って皆綺麗ですよね。姿勢も良く足の運び方まで。

 

 

歩くというのは基本中の基本であり、スクールでジュニアに対して歩き方を指導しているところも少なくありません。

歩くときにはかかとからというのと姿勢よく頭がブレないというのがポイントになってきます。

 

なので歩き方の練習をするときは原始的ですが頭の上にペットボトルなどを置いて、それが落ちないように歩くようにしましょう。

これができれば姿勢よくバランスの良い歩き方ができるようになってくるはずです。

 

テニスは走ってボールを追いかけて良い姿勢でボールを打たなければ良いボールは打てないですし、安定もしません。

試合中は一つ一つの動作を意識してしまうと動きが遅くなってしまうので無意識にでも良い姿勢でいられることが大切であり、歩き方を綺麗にすることで意識しなくても良い姿勢で走ったりボールを打てるようになることにつながるはずです。

 

 

 

大事なことは他にもあるのですが、とりあえず今回の記事では歩き方だけにして、また別の記事で他のことを書いていきますので、楽しみにしてもらえればなと思います。

スポンサーリンク