テニスで試合に勝つためにはその日の自分ができるベストなテニスをすることが大切です。

 

しかし勝てない選手の中にはそれ以上のプレーを使用としてしまっていることがあります。

例えば相手が自分より技術があり、それに対抗しようとして相手に負けない技術的なプレーで勝負しようと自分には難しいプレーをしてしてしまうことです。

 

確かに相手より技術的に上のプレーができれば試合を有利に進められる可能性は高くなりますが、ミスが増えては意味がありませんし、テニスは技術が上の人が勝つという競技ではありません!

 

勝てる選手というのは技術で劣っていても、自分のできるプレーの中で、どのような戦術をとれば良いのか選択してプレーをします。

それで負けたときはその後練習をすれば良いだけで、試合中に上達するようにするというアニメのような展開を期待してプレーするのは得策ではないですね。

 

試合中に上達するというのは現実的ではなく、ミスが増えていき、相手を楽にプレーさせてしまうばかりか、自分の持っている力をぶつけないと自分の課題を見つけることも難しくなり、何を磨けばよいのかというのも分からず、テニスの上達を妨げてしまう原因になってしまう恐れもあります。

 

 

自分の限界を超えたいと思うことは大切ですが、限界突破しにいくのは練習の時のみで、試合中はその時自分の出せる力を出すことに集中するようにしましょう。

スポンサーリンク