部活やクラブではテニスの技術練習とは別に、フットワークのトレーニングや走り込みをしていることでしょう。

 

最近ではスポーツ科学の発達により、様々な効率の良いトレーニング方法を活用する選手が増えてきていて、走り込みなんて古臭いと思っている方も多いことでしょう。

しかしテニスに限らず走り込みというのは基本中の基本であり必要なことなので、今回はなぜ必要なのかということを紹介していきたいと思います。

 

 

基礎的体力と専門的体力

走り込みが必要な理由を知るためにはまず、基礎的体力専門的体力を知る必要があります。

 

まず専門的体力ですが、これはそれぞれのスポーツに対して求められる専門的な体力のことです。

テニスで言うと1つのポイントに全力を出しながら、ポイント間で回復できる能力などのことですね。

 

こういったものを磨くためにはそれ専用のトレーニングをすることにより身につくので、走り込みをしても効果があまり出ません。

 

 

しかし、テニスに限らず基本的な体力を身につけるということがまずは大事になり、そのために走り込みというのは大切です。

スポーツ科学では基本的体力がないと専門的体力を鍛えようとしても効果が出ないとされていてます。

 

足腰を鍛えるためにというのは走り込みよりも適切なトレーニングがあるかもしれないですが、基本的な体力をつけるという意味では走り込みというのは大切なので、地味なトレーニングではありますが頑張っていきましょう。

スポンサーリンク