テニスで強いボールを打つにはスイングスピードというのは重要で、スイングスピードが速ければボールも速くすることができます。

 

このことについては多くのテニスプレイヤーが理解していると思うのですが、速くしようとしすぎて力んでしまったり、上手くスイートスポットに当たらないということになってしまうプレーヤーを多々見かけます。

 

その原因として多いのがスイングスピードをいきなり速くし過ぎているということです。

 

 

スイングスピードは速い方が良いのですが、間違ったスイングスピードの上げ方をしていまうと、少しのタイミングのズレや少しのボールの変化でミスショットになってしまうのです。

 

 

スイングスピードも大事なのですが、まず正確にスイートスポットに当てることの方が大切なので、打点まではスイングスピードをあまり速くする必要はありません。

むしろ当たるまでは正確にスイートスポットに当てるために合わせるような感じで良く、当たる瞬間に速くするだけで十分なのです!

 

 

強いボールを打つためには当たる瞬間にスイングが速ければ良いので、当たる前までは遅くても当たる瞬間だけ速ければ十分速い力のあるボールが打てます。

そうすれば良いボールになりますし、スイートスポットに当てやすくなり正確性が増すことができるでしょう。

 

 

このことを意識してボールを打つようにすれば安定感を出しながら攻めることができるので、試合でも良いプレーができるはずです!!

スポンサーリンク