テニススクールによってレッスンの仕方は変わってくるのでテニス上達のためにはスクール選びは重要です。

 

この記事では私の考えではありますが、見極め方についてのアドバイスを書いていきますので参考にしてもらえればと思います。

 

コーチがしっかりラリーしてくれるか

まず基本的なことですがテニス上達のためには上手い人とラリーをすることが大切です。

 

なのでコーチとラリーするということはとても重要なことで多くのスクールが生徒とコーチが打ち合う時間を作っているのですが、スクールによってはコーチは球出しをした後は後ろでアドバイスをするだけというとこもあります。

 

 

アドバイスはするのでしっかり仕事はしているのですが、やはりコーチとラリーしないと何でスクールに来てるんだろうという気持ちになてしまいモチベーションも下がってしまう恐れがあります。

 

これは一般・選手でも同じことが言えるのでコーチがラリーするのかどうかというのはスクールに入る前にしっかり確認しておきましょう。

 

例外としては日本トップ選手が集まるようなスクールでは周りのレベルが高く、生徒のボールを打つ時間を増やしてくれているとこもあるので、生徒全体のレベルが高ければコーチがラリーに入らなくても問題はないのかなと思います。

 

基本練習をしているかどうか

また、スクールによっては基本練習、基本的なフォームを指導するとこや、フォームに関してはそこまで指導せず、様々な練習メニューでラリーを中心にしているとこなどがあります。

 

これは私の考えで賛否あると思うのですが、センスのあるプレイヤーは細かいフォーム指導をしなくても上達していきますが、そうでないプレイヤーはフォームの指導をされないと変なフォームになり上達しないばかりか怪我をしてしまう可能性もあると考えられます。

 

 

そして多くのプレイヤーはフォームの指導を受けないと自己流フォームになり怪我をしてしまうでしょう。

なのでフォームに自信がある方はラリー練習中心のとこに通い、そうでないプレーヤーはフォーム指導をしっかりしてくれるとこに通うのがベストでしょう。

 

フォームが身についてきたらスクールを変えるのも良いので自分のレベルを考えてスクール選びをする必要があります。

 

まとめ

 

今回はこんな感じで簡単に説明しましたが、あとは相性もあると思うので自分にあったものを見つけるようにしましょう。

 

多くのテニススクールは体験レッスンをやっているので、いきなり入会するのではなく、一度体験レッスンを受けてみることをお勧めします。

近ければ良いと考えている方も多いとは思うのですが、スクールによってかなり変わってくるので上達したいなら場所ではなく、スクールのレッスン内容を重視して選ぶようにしてください。

 

スポンサーリンク