テニスというスポーツは、小さいころから習い事としてやっていたプレーヤーが多く、経験が大きく影響することから高校生から硬式テニスを始めて活躍するというのは難しい話になってきます。

 

難しいことではあるのですが、実際に高校からテニスを始めて全国レベル、インターハイやインカレに出場したプレーヤーもいて、不可能なことではないのです。

 

 

私の知り合いにも高校からテニスを始めてインカレに出場できるようになった選手がいました。

その方はとにかく研究熱心で、どうやって打てば安定しながら良いボールが打てるのかというのを研究し、細かいフットワークの方法を身につける努力をし、地味フィジカルトレーニングも欠かさず行っていました。

 

 

その結果全国レベルのプレーヤーになることができたのです。

 

そこまでレベルを上げるには自分自身の努力はもちろん、環境も大切になってくるでしょう。

やはり上手い人と一緒に練習しないと強くはなれないですからね。

 

上手い人と打つためには、テニススクールに通えればそれで良いとは思うのですが、金銭的に難しい場合は、草トーナメントに参加して実際に強い選手と試合をしたり、試合したことのある相手とコミュニケーションを取るようにして、一緒に練習したりする方法があります。

 

 

テニスというスポーツは非常に奥が深いスポーツで簡単に強くなることはできません。

そこで経験というのが活きてきて、小さいころからやっている選手が有利になってくるのですがその差を詰めるのを不可能なことではありません。

 

追いつくためにはただ努力するだけではなく、頭を上手く使いながら研究し、実行することが大切です。

 

当サイトではそういった方を少しでもサポートできるよう、今後も様々な記事を書いていこうと思いますので、この記事を読んだ方が少しでも頑張る力になっていることを祈っています。

スポンサーリンク