フォアハンドのテイクバックで悩んでいる方は多いと思います。このテイクバックがうまくいかないと全体のスイングが乱れてしまい正確なストロークを打つことが出来ません。

なので毎度同じようなテイクバックをする必要があります。よくあるテイクバックのミスとして腕でラケットを引いてしまうのを見かけますがこれは良くありません。腕で引いてしまうと同じようなテイクバックをするのが難しいですし、腕に力が入ってしまい手打ちになりやすくなります。

コツとしては腕を使わずにラケットを引けるようになるということになります。

 

ではどのようにしてラケットを引けば良いのかというと答えはシンプルです。構えたところから左手(左利きは右手)を離し身体を捻りましょう。

 

実はテイクバックはこれだけで十分なのです。身体を捻れば腕も一緒に後ろにいくようになりラケットは後ろにくるのです。腕を無理矢理後ろに引かなくても体のひねり戻しを使えればボールに力は十分伝わります。

 

この時に注意することとしては身体を捻るときに軽く肘を曲げ、ラケットが顔の近くを通り肘があまり動かないようにすることです。

テイクバックで肘を曲げることで体を開くときに肘が伸びでいき、ムチのようなしなるスイングができるようになります。しなることで小さいテイクバックでもスイングスピードが出て力のあるボールが打てるようになるでしょう。

顔の近くをラケットが通るようにと意識すれば自然と肘が曲がるでしょう。しかし肘が大きく動いてテイクバックをしてしまうと打点が安定せず、遠心力も働きにくくなるので注意しましょう。

 

イメージとしては錦織圭選手のようなテイクバックをイメージしてもらえると良いと思います。

スポンサーリンク