中学・高校の部活や大学のサークルでは人数が多くコートに入りきらないので、素振り練習をすることもあると思います。

 

とくに一年生の間は素振りをすることが多く、コートに入ってボールを打てない不満もあることでしょう。

しかし素振りというのはテニス上達のためになるとても大切な練習であり意味のある練習なんです。この記事では素振りをする意味・メリットを紹介していくので、素振りをしている方のモチベーションアップ、またはテニスが上達したいという方のためになればと思います。

 

素振りをすることで綺麗なフォームが身につく

まず最初のメリットとして、素振りをすることで綺麗なフォームが身に付きます。

 

ラリーをしながらでもフォームを良くできると思う方もいるとは思いますが、ラリーだと自分の打ちやすいボールが毎回来るわけではなく、適切なバランス・打点で毎回打てるというわけではないのでフォームが乱れてしまう危険性があります。

 

また、球出し練習の場合はバランスや打点が崩れることは少ないですが、ボールを打つということで無意識のうちに力が入ってしまい手打ちになってしまう危険性があるでしょう。

 

 

素振りというのはボールに左右されることなく、身体の使い方のみ意識してラケットを振れる唯一の練習であり、無駄な力が入ることもないので綺麗なフォームを身につけることができる良い練習です。

 

素振りをすることでスイングスピードが上がる

 

そしてもう一つのメリットとして、素振りをすることでスイングスピードを上げることができます。

ボールを打つときというのは、どうしても正確にコントロールしたい、スイートスポットに当てたいという思いからスイングスピードを落としがちです。

 

それではボールが安定するようになってもスイングスピードが遅く、速いボールを打つことが難しくなって今います。

 

 

そこで素振りをすることでラケットをしっかり振るようになり、スイングスピードが上がります。

スポーツは違いますが野球でも同じことが言われていて、松井秀喜や、金本知憲も素振りが一番大事だということをコメントしています。

 

素振りは綺麗なフォームを身につけ安定させる効果の他に、スイングスピードを上げ速いボールを打てるようになる効果もあるんです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

素振りというのはとても地味な練習ではありますが私は結構好きな練習です。

好きな理由というのは絶対に無駄な練習ではなく効果が出るというのが分かっているからかなと自分では思っています。

 

素振りはテニスを始めた時だけでなく、上手くなってからでもする必要な練習であり、こういった地味な練習を継続できるようになるとテニス上達に確実につながるので頑張ってほしいなと思います!!

スポンサーリンク