振り回し練習というのは体力がつきますし、試合で左右に振られてもバランスを崩さずに打てるようになったり、メンタルを強化できたりときつい分効果があるとても良い練習です。

 

ただ振り回すだけでも良いのですが、少し工夫して練習することでさらに良い練習にすることもできるので、ここで1つ紹介していきます。

振り回しをしながらパッシングショット

 

その工夫というのは、ネット前に1人立ってもらい、ストローカーがパッシングを打つというものです。

上の図はAがストローカー、Bがボレーヤー、そしてCは球出しをする方です。

 

まずCは左右交互に球出しをしてストローカーを振り回します。そしてBは左右に球出しされたボールに合わせてポジションを取り、AはBにボールを触られないようにパッシングを打ちましょう。

 

その時注意することとしては、Aはロブを禁止することと、Bの方はボレーを打つときにドロップボレーを打つということです。

 

ロブを打ってしまうとハッキリ言って簡単になったりテンポが悪くなってしまう恐れがあるので良くないですし、Bのボレーが深く入ってしまうとベースラインまでボールが届いてしまい、Aが動きにくくなったり、ボールを踏んで怪我をする可能性もあるので注意しましょう。

 

球数としては大体10球パッシングが決まるまでというのが良いと思います。

もちろん連続ではなく合計10本です(連続はかなり無謀)。

 

この練習、やってみると分かるのですがかなりきついです。

しかし通常の振り回しではできないパッシングの練習ができたり、ネットプレーの練習にもなるのでお勧めです!

 

 

普通の振り回しでは物足りないと感じている方は是やってみてください!

スポンサーリンク