よくサーブに力を伝える方法としてサーブの曲げ伸ばしを使いましょうというアドバイスがあります。それ自体は間違っていないのですが、深く曲げすぎると不安定なサーブになってしまうので注意が必要です。

では何故不安定になってしまうのかというと膝を深く曲げることによって軸が崩れてしまい、スイングが安定しなくなってしまうからです。

普段膝を曲げないようにして打つときは入る人でも、曲げると入らないという方はこの軸、バランスが崩れているのが原因でしょう。これは一般プレイヤーでもコーチレベルでもよくある話です。

 

曲げ伸ばしを使ってバランスを保つには筋力が必要で筋力のない人がやってしまうとミスに繋がります。テニスは確立のスポーツなので入らない速いサーブより、少しスピードが落ちてもしっかりコントロールのできるサーブの方が良いでしょう。

 

しかし膝を使った方が質の良いサーブにはなるので深く曲げずに、浅く曲げるようにすると確率も上がって良いサーブになるでしょう。

スポンサーリンク