以前当サイトで紹介したようにテニスでも素振りの練習というのはとても大切です。

 

しかしただ数をこなせば良いというわけではなく、しっかりポイントを抑えて素振りをする必要があります。

 

身体の使い方などもそうですが、ここではそれと別に素振りを効率よくするためのポイントを3つ紹介していきます。

一定のリズムで素振りをする

 

まず最初に初歩的なことになりますが一定のリズムで素振りをするということが大切になります。

 

テニスに限らず多くのスポーツは自分のリズムを身体に覚えこませることでリラックスでき、運動連鎖がスムーズになります。

リズムはオーソドックスに”1,2,3”で良いでしょう。

 

その時、声に出しながらでも心の中でリズムを取るのでも良いので常に一定のリズムでいくことを心掛けましょう。

 

フィニッシュを一定に保つ

 

次に大事なポイントとして、フィニッシュの形を毎回同じように保つことです。

 

素振りにの目的は同じフォームを身体に覚えこませることなのですが、フィニッシュの形が毎回変わってしまうとスイングが乱れているということになります。

 

同じようなスイング軌道ならフィニッシュの形は一定になるはずなので意識して一定にすることも大切です。

 

試合では毎回同じ形で終われないじゃないかと思う方もいるとは思います。

それは確かにそうなのですが、まず基本となるフォームを覚えこませないと不安定なストロークになってしまいます。

 

基本となるフォームをしっかり手に入れることで試合で多少フォームが崩れても安定することができるので、フィニッシュの形を意識しましょう。

 

打点で風を切る

 

そして最後のポイントとして打点を意識して素振りすることが重要です。

 

打点を意識して素振りをするというのはどういうことなのかと言うと、打点の所でラケットが風を切る音がしているかどうか意識するということです。

 

テニスでは速いボールを打つためにはスイングスピードが必要です。しかしただがむしゃらに振っても意味がなく、逆に力んでしまいノビのないボールになってしまうこともあります。

 

大事なのはボールが当たる瞬間にスイングスピードが上がっていることであり、それが上手くできる人は打点のポイントで風を切るような音がするのです。

 

なので素振りをするときは打点を意識しながら、スイングスピードが上がるタイミングを意識してすることで、実際にボールを打つときに力強いノビのあるボール手に入れることができるようになります。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

同じ素振りでも、この3つを意識しているのとしないのとでは大きく変わってきます。

 

ただラケットを振るのではなく、こういったことを意識しながら素振りをすることで練習の効果が出るので是非実践してもらえればと思います。

スポンサーリンク