テニスでは良いボールを快適に打つため、怪我をしないためにガットというのはかなり大切になってきます。

 

ガットの性能も大事なのですが、ガットには寿命があり、買い替え・取り替える時期なども大切です。

そこでガットの買い替え・取り換え周期について記事にして書いていきますので是非参考にして頂ければと思います。

 

ナイロンやモノフィラメントは3か月が目安

 

まず最初に一般プレイヤーの多くが使用しているナイロンやモノフィラメントのガットについて書いていきます。

 

この種類のガットはテンション維持性が高く、長持ちすることが期待でき、交換の目安は3ヶ月と言われています。

 

ただ耐久性はそこまでないものが多く、3ヶ月使用していなくても繊維がほつれてきたら取り替えても良いですね。

 

ポリガットは耐久性は良いが…

 

続いてポリガットについて書いていきます。

 

ポリガットは耐久性が他のものより優れていて、最近では打球感が柔らかいものが増えてきたので使用しているプレイヤーも増えてきました。

 

しかしポリガットは耐久性は良いのですがテンション維持性が低く、長期間使うことはお勧めできません。

取り替える目安としては大体1~2週間、長くても1ヶ月が良いでしょう。

 

これを過ぎてしまうとガットが伸びてしまってテンションがかなり下がることになってしまい、コントロールすることが難しくなってしまうのでミスが増えてしまいます。

 

 

このことからポリガットは切れるまで使うというよりは、テンションが落ちてくる周期を理解して替えることをお勧めします。

 

まとめ

 

最初に書いた通りテニスではガットというものがともて大切になってきます。

 

調子が悪いなと思ったら、その原因は自分ではなく道具であるガットのせいだったということはよくある話です。

ガットは安くないので、切れるまで使いたくなってしまう気持ちは理解できますが、快適に良いプレーをするためには、ガットの買い替え周期を頭に入れて上手く付き合うようにしましょう。

スポンサーリンク