ある程度速いサーブをリターンするのは得意だが遅いサーブが来るとミスが増えてしまうという選手は珍しくありません。

本来リターンというのは相手のスピードを利用して打つショットであり遅いサーブだと自分から力を伝えて打っていかないといけないためどうしても力んでしまったりボールを抑えられずにアウトしてしまうことがあります。特に普段速いサーブを打たれなれている選手なんかは、この遅いサーブが苦手なことが多いです。

 

そういった何でもないようなボールでミスをしてしまうと相手に楽をさせてしまいますし、自分のリズムも崩れやすいのでしっかり対策していきましょう。

 

ポジションを前にする

まず基本的なことですがポジションを前でとりましょう。いつも通りのポジションでベースラインにポジショニングをしていると打点が低くなったり動く量が増えてミスの原因を招きます。

それに対してポジションを前にすることで打点を落とさず、あまり動かないで打つことができるので、ミスが減るでしょう。

足を細かく動かす

そして次に足がしっかり動いているか確認しましょう。

相手のボールが遅いとそのボールに合わせて足もゆっくり動いてしまい、一歩が大きくなりバランスを崩してしまったり、ハードヒットしようとして足が止まってしまうことがあります。

 

足を細かく動かせるようにするためにはただスプリットステップをするだけではなく、ステップをする前に細かく足を動かしてみましょう。トッププロの選手が足をバタバタ動かしてからリターンするのを見たことがある人もいると思いますが、あれはその後に細かく足が動くためにしていることなのです。

 

テニスは同じスピードで返すとミスが減る

そして遅いサーブでどうしてもミスが出てしまうプレイヤーの多くは、相手が速いサーブを打ってきたときと同じような速いリターンで遅いサーブを返そうとしていることが多いです。

テニスは速いボールが来たら速いボールで、遅いボールが来たら遅いボールで返すようにするとミスが減ります。つまり相手が打ってきたボールと同じスピードで返すのが簡単でありミスが減るのです。

 

もし最初に紹介した二つを試合でやってみてもミスが出る場合はハードヒットしたい衝動を抑えて打つようにしましょう。

ラケットを短く持つ

頭ではわかっていてもどうしてもハードヒットしてしまう場合はラケットを短く持ってみましょう。そうするとスイングがコンパクトになり、ハードヒットするのを防げるようになります。

スポンサーリンク