少し前まではグランドスラムや日本の大会の試合観戦に行くという方は日本人ではそんなに多くありませんでしたが、最近では錦織圭の活躍もあり、増えてきたなという印象を受けます。

 

それ自体は喜ばしいことなんですが、残念なことにマナーを理解していない方も多くとても残念だなと感じているので、マナーを守り、テニスのことをあまり知らない方でも楽しく観戦できるようになるために、この記事では現地でテニス観戦するときに注意しておきたいマナーを紹介するので、マナーに自信のない方には是非見ていただいて、楽しくテニス観戦ができるようになればなと思っています。

 

携帯・スマホはマナーモードに

テニスの試合は野球やサッカーと違って、ラリーをしているときに応援歌を歌うということはなく、ボールの音・選手の走っている音や声だけで観客は静かに観戦しています。

 

テニスというスポーツは本当に繊細であり、少しの雑音が集中力を乱すきっかけになったり、打球音から情報を手に入れようとしている選手もいるのでやっかいな音が耳に入ると邪魔になってしまいます。

 

 

なので観客としては大きな声で喋らないようにするというのは大切ですし(プレーしていないときは周りの人に迷惑にならなければOK)、携帯・スマホをマナーモードにしておく必要があります。

 

これに関しては普段からそうしている方が多いと思うのであまり苦にはならないのではないでしょうか。

 

チェンジコートやセットの入れ替わり以外は席を立たない

 

そして次に注意することがテニスを知らない方に多いミスなのですが、チェンジコートやセットの入れ替わりのタイミング以外で席を立つことはマナー違反になります。

 

少し立って歩くぐらいなら大丈夫だろうと思う方もいると思いますが、教師の方や人前で演説などの経験がある方には分かると思いますが、選手からすると1人でも動いたりするとそれが目に入り集中力を乱してしまうのです。

 

もし立ってしまった場合は基本的に大会のスタッフが注意してくるのですが、注意される前に動いてしまおうと速く動いている方もいて、それは観客だけではなく選手に不快感を与え、その試合をTVで観ている他の国の人たちからするとマナーの悪い大会魁皇だなという印象になってしまいます。

 

 

こうなってしまうと選手側として出場したい大会ではなくなり、グランドスラム以外の大会だと、その後来てもらえなくなってしまう可能性があるので絶対に注意しましょう!

 

トイレなどが気になる方はチェンジコートの時に行くようにしましょう。

 

フラッシュ機能付きカメラは控えよう

 

そして最後にもう一つ絶対に注意してほしいのはカメラについてです。

 

試合中の様子をカメラで写真に残すのは良いのですが、それがフラッシュ機能付きになると、その光が選手の目に入り集中力を大きく乱してしまいます。

 

昼の間は問題ないのですが、夜になったり、雨で天井を閉めているときにカメラの設定を気にしないで撮影するとフラッシュになってしまっていることがあります。

 

フラッシュを使わなくてもコート自体は選手がプレーしやすいように照明があるので、フラッシュ機能を使わなくても写真を撮れるはずです。

なので写真を撮るときはフラッシュ機能になっていないか確認しましょう。

 

テニスの試合ではどのポイントが試合のターニングポイントになるか分からないので、観客のマナーが試合をコントロールしないように注意しましょう。

 

まとめ

 

テニス好きとしては、大会会場に足を運んでくれる方が増えてとても嬉しく、今後も増えてほしいなと思っています。

 

しかしそこでマナーのことで揉めてしまって客が減ってしまうというのは悲しすぎるので、今回紹介した3つのマナーは最低限守ってもらえればなと思います。

基本静かにしなければいけないですが、選手がプレーしていないときは声をかけても大丈夫なのでそこはノリ良く応援してもらえると嬉しいですね。

 

 

またマナーを知っている方は、守っていない方がいてもあまり煙たがらずに優しく注意してあげてほしいです。

テニス好きみんなの力でテニス観戦を楽しくしてもらえればなと願ってます。

スポンサーリンク