ラリー練習や試合をしていてネットミスをするとテニスコーチや周りのテニス仲間からネットを怖がらずにアウトするぐらいで良いというアドバイスを受けた方は結構いると思います。

 

このアドバイスはその通りであり、テニスではネットミスをするよりはアウトする方まだ良いです(ミスをしないのが1番ですが)。

 

何故アウトの方が良いのかというのはしっかりした理由があるので、今回はその理由を記事にしていこうと思います。

 

ネットミスのデメリット

何故アウトの方が良いのかというのを説明するために、まずネットすることのデメリットを紹介していきます。

 

プレイヤーはボールを打つときにミスをしないようにと考えてしまうとまず、アウトしないようにと意識しがちです。

そうなるとスイングが小さくなり、それがネットミスの原因となります。

 

そしてミスをしなくても、スイングが小さいことで入ったとしてもボールが浅くなったり、ノビのない力の弱いボールになってしまいます。

 

 

さらにこういったことを練習の時からしてしまうと、試合で体が固くなった時、さらにスイングが小さくなってしまい、攻撃的なプレーが全くできなくなってしまう恐れがあります。

 

このことからネットミスを繰り返してしまうと、ノビのあるボールが打てなくなってしまい、ボールが浅くなってしまう。また、スイングが小さくなることで伸びしろを消してしまうということがデメリットだと言えます。

 

アウトでも良い考え方のメリット

 

それでは次に、アウトが多くても良いという考え方にすると、どういうメリットがあるのかということを書いていきます。

 

よく言われるのが合うとボールはジャッジミスでインにしてもらえることがあるというのがありますが、これはイマイチな理由かなと個人的に思っています。

 

それよりも、アウトで良いと意識してボールを打つことで大きいスイングになり、力のあるボールが深く入りやすくなるというメリットがあります。

 

ノビのあるボールを打つためには大きいフォローは必要であり、アウトを気にしないようにしていれば自然とフォームが大きくなることが期待できるでしょう。

 

練習でもこれを意識することで、試合で多少緊張しても少しフォームが小さくなるだけ大きなミスにはつながらず、良いプレーができると思います。

 

このことからアウトでも良いと考えることで、良いボールが打てるようになり、試合でも良いプレーができるようになるというのがメリットだと言えるでしょう

 

まとめ

いかがでしたか。

 

この記事を読んで少しでも多くの方がネットを恐れずにプレーできるようになればと思っています。

最後に注意することとして、アウトは良いと書きましたが、ホームランするようなアウトではなく、打ったボールがノビてアウトするようにしましょう。

スポンサーリンク