テニスでボレーを打つときに、スライス回転を賭けた方が良いのかどうかというのを疑問に思っているプレイヤーは結構多いと思います。

 

ボレーが上手いプレーヤーの中にはフラット系のボレー、スライス系のボレーを打つタイプがあり、誰を真似すれば良いのかと悩むことでしょう。

 

意識してスライスをかける必要はない

 

まず最初に結論から申し上げる形になりますが、ボレーを打つときにスライス回転をかけようと無理に意識する必要はありません!

 

通常のボレーを打つときはフラット系のボレーで良いのです。

 

 

確かにスライスをかけることで滑るボールになりバウンドが低くなるので相手としては打ちにくくなるというメリットがあります。

しかしそれとは反対にデメリットとして、意識してスライスをかけにいくことで、スイングするようなフォームになってしまい、スイートスポットで正確にボールを捉えにくくなりコントロールミスが増えてしまいます。

 

テニスでは質の良いボールを打つということは大切ですが、それよりもまずミスをしないことが大事になってきますし、フラット系のボールでもしっかり踏み込んで打てば伸びるボールになるので基本的に回転をかける必要はありません。

 

プロの選手の試合を観てもらえれば分かるのですが、トッププロの選手は面を合わせるだけで、強い回転をかける選手は少ないです。

 

面の作り方によって自然にかかる

 

それともう一つ言えることとして、スライス回転というのは面を作ってボールに合わせて打つことで自然にかかっていきます。

 

たまに故意に回転をかけるプレーヤーもいますが、それはその方がラケットを扱うのが上手くて打ててしまっているだけで、わざわざそんな難しい打ち方をする必要は全くありません!

 

一般プレイヤー同士でボレーのアドバイスをしあっているの見ると、スイングの仕方を教えているのをたまに見ますが、それはその人の持っている特別な感覚であり、テニススクールでそのように教えているとこはかなり少ないはずです。

 

まとめ

 

ボレーの苦手なプレイヤーの多くは、無理矢理スライス回転をかけようとしている傾向にあると思います。

 

良いボレーを安定して打つためにはそんな必要はなく、しっかり面を作り、足を使って打つだけで良いので、練習するときはますコントロールすることを大切にするようにしていきましょう。

スポンサーリンク