テニスが上手くなりたいという思いから、色んなスクールに通ったり、様々なコーチにプライベートレッスンを受けているプレーヤーは意外と結構います。

 

上達するために色々な視点からアドバイスをもらえるというのは良い経験になり、上手く活かすことができれば上達していきますが注意することがあります。

この注意することを理解しないで複数のコーチからアドバイスをもらってしまうと、逆にテニスの上達を妨げてしまう恐れがあるので、是非頭に入れていただければと思います。

 

どのアドバイスを受け入れるか見極める

 

まず第一に複数のコーチからアドバイスを受けるとそれぞれ違ったアドバイスを受ける形になると思います。

 

テニスコーチが指導する内容は基本的には同じなのですが、中にはコーチによって違う考え方を持っていることもあり、どのアドバイスが自分に合っているのかを見極めることができるようになる必要があります。

 

 

 

なので、まずはそれぞれのコーチにアドバイスされたことを実行してみて、どれが自分にとって理解しやすく向いているのかを判断できるようになりましょう。

 

たまにある話なのですが、コーチにレッスンを受けているときだけアドバイスされたことを実行して、結局どれにするか固定できないプレイヤーが上達しないということがあります。

それではお金を払ってレッスンを受けている意味がなくなってしまうので注意が必要です。

 

他のコーチに習っていることを伝える

 

そしてこれは個人的な意見ではありますが、それぞれのコーチに他のコーチのレッスンを受けていることを伝えることも必要だと考えています。

 

コーチからすると良い思いはしないですが、指導する側とすると、少しの変化で他のコーチに習っていることは分かってしまいます。

 

そうなるとコーチ側としては、今教えても他のコーチに習ったときに変えられてしまうのかなと思い、士気が下がってしまうことでしょう。

 

 

それを避けるためにもコーチにはあらかじめ伝えるようにしましょう。

そうすることでコーチ側からするとアドバイスがしやすくなり、テニスの上達にもつながっていくはずです。

 

まとめ

 

複数のコーチにレッスンを受けるというのは良いようでリスクもあります。

 

 

色んな方からアドバイスをもらってテニスをするというの楽しいものかもしれないですが、個人的にはやはり1人のコーチに絞った方が迷いなくテニスができるので良いのではないかと思っています。

スポンサーリンク