スイングスピードが速いというのはテニスプレイヤーにとって長所であり、強烈なボールを打つために大事になってきます。

ですがラケット選びに失敗してしまうとその長所が活かせなくなってしまいます!

 

スイングスピードが速いという長所を活かすためにも、どのようなラケットを選べばよいのかというのを知ることは重要です!!

 

スイングスピードが速いとラケットがしなる

 

まずラケット選びをする前に知っていてほしいのは、スイングスピードが速いとラケットがしなるということです。

 

本当にラケットってしなるものなのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、スイングスピードが速いと本当にしなりますし、ラケット選びをするときはこのしなりがかなり重要になってきます。

 

あまりしならないラケットを選ぶ

 

スイングスピードが速いとラケットがしなるので、あまりしならないフレームが硬めなラケットを選ぶようにしましょう。

 

よく店で販売されている上級者・競技者モデルのラケットはフレームの硬いものになっています。

飛びにくいと言われているラケットの多くもそうですね。

 

 

通常スイングスピードが速くない方がフレームの硬いラケットを使うとラケットがしならないので、ボールが飛びにくいのですが、速い方が使うことでしっかりラケットがしなりボールを飛ばせることができます。

 

しかしそれとは反対にスイングスピードが速い方がフレームの柔らかいラケットを使用してしまうと、しなりすぎてしまいラケットヘッドが遅れすぎてしまうので振り遅れたようなスイングになってしまいコントロールが難しくなってしまいます。

 

 

そうなってしまうとコントロールするためにスイングスピードを落とす結果になってしまって長所を活かすことができなくなってしまいます。

 

まとめ

 

フレームが硬いラケットを使用することでスイングスピードを活かしてボールを打つことができるので強烈なボールがコントロールしやすくなります。

 

最近ではフレームが硬くても打球感は柔らかいラケットもあるので、スイングが速いなと言われる方はこのことを注意してラケットを得れんでいただければなと思います。

スポンサーリンク