テニススクールや部活などでテニスをしている方は指導者からフォームを直すようにと言われた経験があると思います。

 

フォーム矯正というのは簡単なものではなく、体に染みつくまでそれなりの期間が必要になってくるので大変です。

そこで今回の記事では正しいフォームで打つことのメリットを紹介していくので、練習のモチベーションになってくれればなと思います。

 

ボールに力が伝わり良いボールが打てるようになる

 

まず1つ目のメリットとして、正しいフォームで打つことによりボールに力がしっかりと伝わり、威力のある良いボールが打てるようになります。

 

フォームがバラバラで手打ちの状態で打ってしまうと力が伝わらず力のないボールになってしまい、相手に余裕を与えてしまいます。試合でそうなったらなかなか勝てないですよね。

 

正しい運動連鎖でボールを打てるようになれば無駄な力を使わずに威力のあるボールが打てるようになるのです。

 

ボールが安定する

 

次のメリットとしてボールが安定するというのがあります。

 

正しいフォームを覚えれば力がボールに伝わりやすくなりますし、フォームが乱れにくくなるのでボールが安定するのです。

 

手打ちの状態だと打点がまずバラバラになりやすいですし、スイングの軌道も乱れやすく不安定なボールになってしまいます。

 

 

テニスは確率のスポーツと言われるぐらい、ボールを安定して入れられるようになるというのが大切なので、正しいフォームを身につけることで勝率が上がることでしょう。

 

怪我をしにくくなる

 

そして最後に紹介するメリットとして怪我をしにくくなります。

 

良いフォームだとぬだな力を使用することがありませんし、身体のどこか一部に負担が大きくかかるということもありません。

 

手打ちの状態だと肩や肘の大きく負担がかかってしまい、それが怪我の原因となってしまいます。

 

怪我をしてしまうとその期間練習ができなくなってしまってテニスの上達を妨げてしまいますし、筋力が落ちてしまう危険性もあるので怪我をしないフォーム作りというのテニス上達のために必ず必要です!

 

まとめ

 

今回正しいフォームのメリットを紹介しましたが、個性的なフォームというのは独特なボールの質になって、それが武器になるのも事実です。

 

しかし基本的な部分がしっかりしていなと全く武器にならないというのも頭に入れていただければなと思います。

プロの選手もそれぞれ個性的なところはありますが、その前に基礎がしっかりしているから成り立っているのであっていきなり個性的なフォームに取り掛かるのは危険です。

 

 

正しいフォームを身につけるのは様々なメリットがあるのでそれをモチベーションに練習を頑張ってもらえればなと思います。

 

スポンサーリンク