テニスの基本のリズムは1,2,3ですよね。

オープンスタンスなんかになると1,2で打つこともありますが、このリズムというのはテニスではかなり重要になってきて軽視してはいけません!

 

リズムをしっかりとって打つことができれば運動連鎖が自然に起きますし、力みにくくなるのでミスを減らすことができます。

 

なので練習や試合で調子が悪いときはフォームを意識しがちですが、このリズムを気にして打つことで意外と簡単に調子を取り戻すことができてしまうことがあります。

 

 

 

反対に相手のリズムを崩すように緩急をつけてラリーすることで、相手のボールの力を弱めたり、ミスを誘うことができるようになります。

 

リズムというのは基本中の基本であり、ある程度テニスができるようになってきたら他のことに意識がいってしまってリズムを軽視してしまう傾向がありますが、どれだけ上達してもリズムはとても大切です!

 

自分がプレーするときはもちろん、周りにアドバイスするときに細かいとこばかり指導するのではなく、リズムが上手く取れているかどうかまず確認するようにしましょう。

スポンサーリンク