今回紹介するのは2018年に発売するキリオスや大阪なおみ使用モデルのテニスラケットであるYONEXの”EZONE 98”です。

 

このラケットの特徴としてはシリーズ史上最大のスウィートエリアで放つ「爆発的パワー」と、瞬時の喰い付きでウィナーを狙うことができるコントロールモデルとなっており、パワーとコントロールを兼ね備えている競技者モデルとなっています。

 

”EZONE 98”には今までのラケットにはなかった3つの新機能が付いているので、それを紹介していこうと思います。

 

まず1つ目は”ハイパーMG”です。

 

これはどういうものなのかというと、ラケットのフレームに搭載することができる新素材カーボンのことです。

このカーボンはYONEX史上最高の弾性率になっており、反発性能をUPしつつも柔らかい打球感にすることに成功しました。


そして2つ目は”マイクロオフセットレイアウト”です。

これはガットを張ってできるガットとグロメットの配向位置を緻密に設計することで、余計な振動が起きることを防ぐ効果があり、快適な打球感になるようになっています。


最後に3つ目はグリップ内部に搭載した、”クウェークシャットゲルエア”です。

これにより従来のラケットより、さらに16%の振動をカットすることに成功しました。


その他のスペックは以下の通りになります。

 

  • フェイス面積 98インチ
  • 平均ウェイト 305mm
  • フレーム厚 23-24-19mm
  • 長さ 27.0インチ
  • 平均バランス 315mm
  • ストリングパターン 16×19
  • 推奨テンション 45~60

 

これが少し重いなと思ったらライトスペックもあります。

 

キリオスや大阪なおみは強烈なストロークが長所であり、それを最大限生かすために開発されたのが今回の”EZONE 98”です。

パワーストローカーを目指す方にはピッタリなラケットになっているなと感じました。

 

※画像クリックでテニス365購入ページへ



定価35,640円⇒テニス365価格28,512円(ガット付き)

ライトスペック(285g)はこちらから



定価35,640円⇒テニス365価格28,512円(ガット付き)

スポンサーリンク