プロの選手が打つ強いボールでエースを取る場面って格好良いですよね。しかしそのようなエースを狙う練習を繰り返してもあまり効率的ではないし、強いボールを打つことはリスクが高くなります。

 

もちろん試合で勝っていくためにはエースも必要になってきますが大事なのはエースを打てるように練習するのではなく、その前のアシストショットを磨くことのほうが大切なのです。

スーパーショットを狙わない

プロの試合を観ているとスーパーショットでエースを取る場面というのが出てきますよね。あれは確に格好良いし、流れが変わるきっかけになるかもしれません。

しかし毎試合スーパーショットを狙ってしまうとミスが増えて勝率が下がりますし、無理して自滅というパターンが増えていきます。

試合の中で強いボールというのは必要ですが、スーパーショットをのような無理をしてエースを狙いにいく必要はありません。

プロの試合で見習うべきショットはエースを打つ前のアシストショット

プロの試合ではエースを取る場面が印象に残りますが、エースを打っているのを真似するのではなく、エースを打つ前のアシストショットを真似するようにしましょう。

チャンスボールがくるのは良いボール、良い展開でラリーした結果チャンスがくるので、チャンスメイクをするのが重要です。

チャンスを多く作れれば余裕をもってエースを狙える場面が増えてきます。このアシストショットの精度が高ければ試合の勝率を高くすることができるでしょう。

アシストショットの例

具体的なアシストショットの例としては、浅いボールを打たせるためにスピンの効いたボールをバックで打たせる、回り込んでフォアで打つためにスライスを使い低い打点で打たせて角度をつきにくくするなどがあります。

 

ぷ江尾の試合を観るときはこのアシストショットに注目することであなたのテニスが変わることでしょう。

スポンサーリンク