テニスラケット進化もあり、近代テニスでは強烈なトップスピンを武器にプレーする選手が増えてきました。

 

スピンボールというのはしっかりした対処をしないと相手のペースになりやすく、相手に気持ちよくプレーさせてしまい不利な状況になってしまう可能性があります。

 

この記事ではそういったトップスピンを武器に攻めてくるプレイヤーの対処方法やスピンの封じ方などを解説していくので参考にしていただければと思います。

スライスを使い低い打点で打たせる

まず最初に紹介する方法としてスライスを使用し相手に低い打点で打たせるということです。かなりオーソドックスですかね。

 

 

何故スライスを使うことが有効なのかというのは知っている方が多いとは思いますが、低い打点から強烈なスピンを打つというのは難しいですし、仮にスピンが打てても強烈なスピンにはなりにくいです。

この後も他の対処方法を紹介しますが、まずはこのスライス戦法を使いながらチャンスがきたら攻めていくという形でいければと思います。

 

速いボールで攻めていく

次に紹介する対処方法は速いスピードボールで攻めていくというものです。

 

通常トップスピンというのは打点を前にしないとコントロールができなくて、速いサーブを返球するときは有名なスピンプレイヤーでもフラット系のボールを打ちます。

 

なので速いボールでラリーをしていけば相手は打点を前にしにくかったり、ボールの下からラケットを振る余裕がなくなりスピンを封じることができるのです。

 

反対にスピンボールで対抗しようとすると、相手はスピンボールで返しやすくなってしまいスピンが苦手なら不利になってしまうので気をつけましょう。

スピンを避けたいならフラット系やスライスで勝負するのが良いですね。

 

ライジングで打つ

最後に紹介する対処法としてライジングで早いタイミングでボールが上がりきる前に打つという方法です。

 

これは技術的には難しいですが、ライジングで打つことで様々な効果が期待できます。

 

まずボールが上がりきる前に打つことで力の入りにくい打点で打つことを避けることができますし、ポジションを下がらされることもありません。

さらに早いタイミングで打つことで相手の時間を奪うことになり、速いボールを打ったのと同じような効果が期待できます。

 

まとめ

いかがでしたか?

トップスピンというボールは強烈で武器になるのですが、しっかり打てないと浅くなり打ちやすいボールになるので、対処方法としては相手にしっかりした形でスピンを打たせないということが大切になってきます。

 

実際にプロ選手の多くはスピンが得意なナダルなどに対して早いタイミングでボールを叩きにいく戦術をとっていますよね。

もしそれが技術的にきついならスライスをいつもより多用することで対応して頂ければと思います。

スポンサーリンク