自分より明らかに技術が上で強い選手と対戦するときに、すぐに諦めたりしていませんか?

 

確かに自分より実力のある相手と試合すると気持ちが折れてしまいそうになる気持ちは分かりますが、技術で劣っていても戦術次第では良い試合、あるいは勝てることもあるんです。

 

この記事は技術に自信がない方に向けてアドバイスになるようにと考えているので誰でもできる簡単な戦術を解説していきますね。

 

ボールをセンターに集める

まず一つ目の方法としてボールをセンターに集めるという方法があります。

テニスで勝つためには相手のバランスを崩すために厳しいコースに打たなけらばいけないんじゃないのかと思う方もいるでしょう。

 

確かにそうすることも大事なのですが、技術勝負に出てしまっては自分より上の選手と試合するときにポイントを取るのは難しくなってきます。

 

そこでセンターにボールを打つことで自分がミスをしにくくなるのは当然、相手は角度をつけて打つことが難しくなり攻めにくくなるという効果が期待できます。

相手からするとそこまで強くない相手に粘られているということで良い気持ちはしないでしょう。

そこで焦って無理に角度をつけようとすればミスをする確率が増えるのでポイントを奪いにいけるようになります。

 

この戦術を使っている選手は結構多いので頭に入れておきたい戦術の1つになります。

 

ポジションを下げてひたすら粘る

そしてもう1つの作戦として、ポジションを下げてひたすら粘るシコラースタイルです!

 

ポジションを下げることで速いボールにも対応できるようにしていきます。

そうすることで相手は我慢強くプレーしなければいけなくなり、気が短い選手ならミスを誘うこともできるでしょう。

 

ドロップを打たれるときついというデメリットはありますが、ドロップは難しいショットなので少し甘くなればこちらにチャンスがくるので、ドロップを警戒しつつプレーするようにしましょう。

 

リターンのポジションでプレッシャーをかける

リターンのときにも簡単な作戦で相手にプレッシャーをかけることができます。

 

その作戦というのはリターンのポジションを上げていくことです。

 

 

リターンのポジションを上げると俊敏な反応が必要となりリターンするのが難しくなりますが、相手からすると速いサーブを打てばポイントが入ると思い力が必要以上に入ってしまいフォルトしてしまう可能性があります。

 

これは結構効果的なんですが、何度もやっていると相手も学習して無理をしなくなってくるので大事な場面で使うようにするのがお勧めです。

 

まとめ

今回紹介した戦術は誰にでもできるのではないかと思います。

 

これをすれば絶対に勝てるというわけではないですが、一か八かスーパーショットを狙い続けるよりは効果が期待できるのではないかと私は思っています。

 

どんなに強い相手でも同じ人間なので最後まで諦めないでわずかでも勝てる確率があるなら懸命にプレーして頂ければと思います。

スポンサーリンク