テニスの基本のウォーミングアップ、練習としてショートラリー(ミニラリー)がありますよね。

 

基本的にネットを挟んで短い距離でラリーする練習ですが、ただラリーするのではなく、様々なパターンで練習することでただのウォーミングアップだけではなく、効率の良い練習になりテニスの上達に繋げることができるようになります。

 

この記事ではいくつかのパターンを紹介するので練習するときに参考にしてもらえればと思います。

 

角度をつけ合うショートラリー

まず最初に紹介するパターンは角度をつけてショートラリーをするとうパターンです。

この練習ではまず真ん中付近でショートラリーを始め、徐々に角度をつけてラリーしていきます。

イメージとしてはショートクロスを打ち合うような感じですね。

 

その時に注意することとしてはボールの球威を落としてショートクロスに打とうとするのではなく、回転をかけて打つようにすることと、フォアサイドで打っているときはフォアで、バックサイドで打っているときはバックハンドで打つようにして回り込んで打つのは禁止にしましょう。

 

この練習をすることで回転系のボールの練習になったり、角度をつけて打つイメージがつくようになります。

スライスのみショートラリー

次のパターンはスライスのみを使ってショートラリーをするというものです。

 

ここでは普段あまり使わないフォアのスライスも使用することでプレ^スタイルの幅が広がることが期待できますし、スライスのコントロール向上も期待できます。

 

トップスピンとスライスを交互に打つ

 

次にトップスピンとスライスを交互に打ってラリーする方法もあります。

 

この練習は単純にトップスピンを打ったら次にスライスをお互い打つことで変化に対応できるようになることが目的です。

通常スライスのようなバウンドが低いボールというのはスピンで打つのが難しいですが、この練習をすることで遅いスライスでもしっかり待って打てるようになることでしょう。

 

まとめ

いかかがでしたか。

 

この練習は初心者だけでなく、試合に出場する選手もやっていますし、遊びとして取り入れることで楽しみながら上達できるようになるでしょう。

 

また今回紹介したものとは別に、シンプルに50往復を目指すというのも良いでしょう。

 

 

最後に自分の打つボールや感覚を意識してラリーすることは大事ですが足を止めると手打ちになりやすいですし、適当にテイクバックしてしまうと遅いテイクバックが身についてしまう可能性があるので、ショートラリーのときでも足をよく動かし、テイクバックを早くするように心掛けましょう。

 

スポンサーリンク