テニスのストロークではインサイド・アウトで打つのが基本です。

 

しかしそれが基本と分かっていても出来ているのか自分では分からずプレーしている方もいるのではにでしょうか。

そこでこの記事では、インサイド・アウトで打つことで自然とかかる回転やボールの軌道について解説していくので、それを参考にして自分がインサイド・アウトで打てているのか確認して頂ければと思います。

 

そもそもインサイド・アウトとは?

 

まずそもそもインサイド・アウトとはどのようなものなのかという確認をしていこうと思います。

インサイド・アウトとは体の近くから遠くに遠心力を利用してスイングするものであり、遠心力を利用することで力のあるボールを楽に打てる効果があります。

それとは反対に体の遠くからラケットを引っ張るようにスイングするのをアウトサイド・インと言います。

このスイングはラケットを引っ張っているので力が入っているように感じてしまいますが、遠心力が使えずフォロースルーも小さくなってしまうので良いボールが打てなくなってしまうという欠点があります。

 

なので無駄に力を入れずに良いボールを打つには遠心力を使ったインサイド・アウトのスイングを身につける必要があります。

 

それぞれの軌道

 

上のことが理解できてもそれが自分は出来ているのか分かるようにならないとフォームが固まりにくいですよね。

そこで周りに見てもらわなくても自分でできているかどうか判断できる方法を紹介していきます。

 

その判断する方法というのは自分の打ったボールの軌道を見ることです。

 

 

実はこのインサイド・アウトとアウトサイド・インとではかかる回転が変わってくるので、それによってボールの軌道が変わってくるのです。

下の図はその軌道の違いを示したものです。

 

※右利きのフォアを想定したものです。

 

インサイド・アウトで打つと少し左回転がかかり、野球で言うスライダーのように左に曲がるような軌道になりますが、アウトサイド・インだとシュート回転がかかり右に曲がるようになります。

 

プロのラリーでも左に曲がるボールを見かけることが多いと思いますが、あれはインサイド・アウトで打っていう証拠です。

 

この違いは自分がボールを打った後に確認できるので、軌道を確認しながら打つようにすると良いでしょう。

 

まとめ

インサイド・アウトで打つというのはテニスの基本であり、これが出来るようになることで力まずに良いボールが打てるようになるのでミスも減りますし武器になります。

 

なかなか身につかないときは無理やりでもインサイド・アウトの軌道になるように打つことで、自然とスイングが良い方向にいくはずなので是非試してみてもらえればと思います。

スポンサーリンク