この記事を書く結構前の話になるのですが、以前私が教えていた一般の生徒の方の中でサーブを打っていると肩が凝ってしまうから嫌だと言う方がいました。

 

私はこれを聞いたとき驚きましたが、同じような悩みを持っている方は実は多いのではないかと思い記事にしました。

 

まず、生徒に言われて私はその方のサーブのフォームを見てみたのですが、その特徴として肘から先のみを使ってスイングしていました。

 

そこで肩こりを治すためではなく、綺麗なフォームで打ってもらえるようになろうと肩をしっかり使ったスイングをしてもらうようアドバイスをしました。

 

するとそれまで悩んでいた肩こりが解消されたみたいで楽しそうにサーブを打つことが出来るようになっていたんです。

 

肩こりの原因は肩を上手く使えていないことだったみたいです。

 

実際テニスを始めてから肩こりをしなくなったという方も大勢いるので、正しいフォームで打てば逆に肩こりに効果があるということでしょう。

 

 

肩を使ったスイングというのは、ボール投げをした経験があまりない方には難しいかもしれないですが、準備運動の肩回しと同じような要領で打とうとすればかなり近いものになると思います。

 

 

また、肩こりというのはパソコンや本を前かがみの姿勢で長時間してしまっていたり、ストレスが原因で発生する可能性もあるみたいなので、注意してもらえればと思います。

スポンサーリンク