ちょうどこの記事を書くときに杉田VSカルロビッチの試合観てました。

いやー惜しかった。TV画面越しに叫んでいました。

 

この試合でカルロビッチが使った作戦としてセンターにアプローチを打って前で勝負するというのをしていましたね。

アプローチを打つときは厳しいコースに打って相手のバランスを崩した方が良いと思われがちで何でセンターに打つんだと感じた方もいることでしょう。

 

しかしこれはかなり理にかなっていて良い作戦なんです。

上の図は左が角度をつけてアプローチを打ったとき、右がセンターにアプローチを打ったときのパターンです。

 

左の図のように角度をつけて打つと相手はさらに色んな角度に打てるようになるので、守らなければいけない範囲が広くなってしまいます。

それに比べて右の図のようにセンターにアプローチを打つことで相手は打てる範囲が狭くなり、アプローチを打った側としては反応しやすくなります。

そのアプローチがスライスのようなバウンドが低いボールならさらに効果的ですね。

 

 

この作戦はミスするリスクが低いのでボレーに自信がある方なら使えることでしょう。

しかしバランスは崩しにくいので背が低いとロブで抜かれる危険性もあります。

 

 

背が高ければガン詰めすることができるので、是非そういったプレーヤーには実践で使ってみてもらいたい作戦ですね。

スポンサーリンク