今回は基本的なことですが、何故テニスでは浅い(短い)ボールを打ってはいけないのかということを記事にしていきます。

 

今回記事にする浅いボールというのはドロップショットやアングルショットではなく、角度のついていないボールが浅く入っていってしまうパターンになります。

 

浅いボールを打ってはいけない理由とは?

テニススクールに通っている方や、部活で指導者がついている中で練習している方などは深く打つようにと指導を受けることでしょう。

 

深いボールというのは狙い過ぎるとアウトになってしまう危険性もあるので技術に自信がないとなかなか打ちにいけるものではないでしょう。

 

そもそも何故浅いボールを打ってはいけないのかというと、浅いボールを打ってしまうと相手に踏み込んで打たれてしまうので攻撃的なプレーをさせてしまうというデメリットがあるからとされています。

 

コートの内側に入って攻撃されると、質の良いボールを打たれるだけではなく、早いタイミングで打たれてしまうので時間の余裕がなく、かなりきつい状態になってしまいます。

 

浅いボールを打ってしまうとアウトは減るかもしれませんが相手に気持ちよくプレーさせてしまうことになってしまうことでしょう。

 

ボールを深く打つためには?

ではどうすれば深いボールを安定して打てるようになるのかというとボールの軌道を意識するようにしましょう。

深いボールを打つためには単純に軌道を高くすることで打てるようになります。

よく初級者に見られるミスとして、ボールが浅くなったら強くボールを打って深く打とうとすることです。

 

確かにスピードが速くなればボールは遠くに飛び深くなることもありますが、それではリスクが高くミスをしやすくなってしまいます。

 

そこでボールの軌道を高くすることで、リスクを高くしないで深いボールを打てるようになるのです。

軌道を高くすると言っても、ロブを打つわけではなく浅くなってしまったときと同じスピードで軌道を高くすることがポイントになります。

 

 

これは試合になっていきなりやろうとしてもどのくらいの軌道にすれば良いのか分からないと思うので、練習の時から自分の打ったボールがネットからどのくらいの高さの軌道のときに深く入っているのかを確認することも重要になってきます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

浅いボールを打ち続けてしまうとそれが癖になってしまい、試合になると不利な状況になってしまいます。

 

指導者は選手にアドバイスするときは責任を持ってしているはずなので、コーチなどにアドバイスされたときは素直に聞くようにしてもらえればなと思います。

スポンサーリンク