錦織圭の得意技でもあるドロップショット。これを実際の試合で決めると格好良いですよね。

 

テニスをあまり知らない方からすると、あれだけのドロップショットを打てるのならドロップショットを打ちまくれば良いのにと思っている方もいるでしょう。

 

実はドロップショットにはメリットだけではなく、デメリットもあるので多用する選手が少ないのですが、この記事ではそのことについて書いていこうと思います。

 

ドロップショットのメリット

まずドロップショットのメリットについて紹介していきたいと思います。

 

メリットとしてはベースライン後方で守備に集中している選手に対して有効であり、ポイントを取れるだけでなくベースライン後方でのプレーをさせにくくするという効果があります。

 

錦織圭のような攻撃的なストロークを打てる選手に対しては守備的にプレーして対応することが多く、1つでも多くのボールを拾いにいこうとするのですが、ドロップを打たれるとポジションを後方にしにくくなり、守備がしにくくなります。

 

なのでドロップ1つ打つことでその後のポイントに多くのメリットを生んでくれることになります。

 

 

さらにもう1つのメリットとしては前後の動きを相手にさせることで体力を消耗させることができます。

テニスでは前後の動きというのは体力の消耗が激しく、足が止まっている選手を相手にドロップを打つことはかなり有効です。

 

ドロップショットのデメリット

 

ここまでドロップショットのメリットを紹介しましたが、これだけ見るとやっぱりドロップショットを多用した方が良いのではと思うことでしょう。

 

しかしドロップショットは良いことも多いのですが、とにかくリスクが高く、言ってみれば”諸刃の剣”なんです。

 

 

ドロップショットは技術的にもとても難しくて、少し間違っただけでミスをしたり、ミスを避けようとすると中途半端なボールになってしまって相手にとってチャンスボールになってしまいます。

 

 

また、ドロップは意表を突くことで効果を大きく発揮するショットなのですが、多用してしまうと相手の反応が良くなってしまい、余程上手く決まらない限り取られてしまいます。

 

まとめ

ドロップショットというのは高等技術であり、決まると格好良いですがリスクがとても高いショットです。

 

このショットを打つときには今回紹介したメリット・デメリットをしっかり理解して打つことが大事になってきます。

打てるようになっても、それに頼りすぎてしまうとなかなか勝てない選手になってしまうので注意してくださいね。

 

スポンサーリンク