テニスを始めたばかりの方やテニスの経験があまりない方がテニスの試合を見たとき、選手がクロスに打ち合っている場面が多いのが不思議に感じた方もいるのではないでしょうか。

 

ストレートに打てば決められそうなとこでクロスに打っているのを見てもどかし気持ちになっている方もいると思います。

しかしプロの選手がストレートばかり打たずにクロスで打ち合うのには理由があるので、それを頭に入れることでテニス観戦が楽しくなると思います。

 

 

クロスに打つ理由

そもそも何故クロスに打つことが多いのかというとミスする確率が低くなるからです。

 

テニスのネットというのは真ん中が低くなっており、クロスに打つことでネットする確率が減るだけでなくベースラインまでの距離がストレートに打つときよりも長いのでアウトする確率も低くなります。

 

 

テニスでポイントを取るには攻撃的にいくことが大切ですが、確率のスポーツと呼ばれていてミスをしないことが大切になってきます。

基本的にはクロスに良いボールを打ちあ、相手のバランスを崩して甘く返ってきたボールでストレートに打つということが多くなるでしょう。

 

 

なので相手のボールが深いときにストレートに打つのは難しく、もし打って入ったらスーパーショットと思っていただければと思います。

 

 

スポンサーリンク