テニススクールに入っている方でコーチにゆっくり振るようアドバイスされた経験を持つ人は多いと思います。

スピードボールを打つにはスイングスピードが必要なのですが、何でゆっくり振らせくるのか疑問に感じる人もいることでしょう。

しかしこのゆっくり振るというのはちゃんとした意味があり、その意味を理解しながら練習することで効率よく上達していくことができるでしょう。今回はゆっくり振ることの意味を紹介していきます。

 

速く振ろうとすると力んでしまう

まず早く振ろうとするとどうしても力が入りやすくなってしまいます。そうなると手打ちになりやすくなりますし小さいスイングになりやすくなってしまいます。

スイングが小さいと安定しませんし、伸びのない浅いボールになりやすくなるでしょう。

プロの選手はスイングが速くてもフォロースルーは大きいので深い伸びのあるボールになります。これは分かっていても正しいフォームを覚えるまでは速く振ろうとすると無意識に力が入ってしまうものです。

 

良いボールを打つにはまず身体の使い方を覚える必要があります。

ゆっくり振ることでフォローが大きくなる

そこでまずスイングをゆっくりにすることで力が抜けフォロースルーが大きくなります

最初のうちは今まで打っていたボールより遅くなる可能性は高いです。基本的には速いスイングの方がボールスピードも増すので当たり前ですね。

しかしゆっくり振ることでフォロースルーを大きくして飛ばすことを覚え、力を抜いて飛ばす感覚が身についていくことでしょう。上達していくには、この感覚がとても重要です。

身体の正しい使い方を覚える

ゆっくりしたフォームで飛ばすには正しい身体の使い方を覚えなくてはいけないですし、全体の動作をゆっくりすることで、細かい身体の使い方を意識しやすくなります

コーチたちがゆっくりとアドバイスするときは身体の使い方を意識して打ってほしいという意味もあると思ってください。

逆を言うと速く振ろうとすると力んでしまい関節が固くなり運動連鎖が起きにくくなってしまいます。力を抜いて身体を柔らかく使えるようにしていきましょう。

スイングは勝手に速くなる

そして最後にスイングというのは力を入れて無理やり速くしていくのではなく、身体を正しく使い適切なポイントでのみ力を入れて打てれば勝手に速くなっていきます

 

ゆっくり振ることに抵抗がある人もいると思いますが長い目で見れば体の使い方が覚えられ伸びのあるボールを打てるようになっていくので、最初はボールが遅くなってもコーチのアドバイス受け入れることをお勧めします。

 

 

スポンサーリンク