バックハンドは苦手、力が入りにくいという人は多いでしょう。しかし上級者やプロの選手になるとバックハンドは調子を落としにくく安定しているという選手のほうが増えていきます。

その理由としてはバックハンドは打点が重要で一度打点を覚えてしまうと、片手で自由な打点で打ててしまう片手と比べると打点がぶれにくいので安定するのです。

打点で打ててしまえば安定しますし力も伝わるので苦手という人は打点を見直してみる必要があるでしょう。

 

ではどのような打点で打てばよいのかというとフォアハンド同様身体が正面を向き、前で取るようにしましょう。これは片手バックでも同じです。

身体を横向きにして打つというのは一昔まで前で取らないと力は入らないですしスピンも打てません。

ジョコビッチや片手のワウリンカも身体を開いて打っているので参考にしてもらえればと思います。

 

ちなみに片手はバランスをとるためにも左手(左利きは右手)を後ろに残す必要があるので注意しましょう。

スポンサーリンク