バックハンドストロークを苦手にしている選手は多く、苦手な人は力が入りにくいと感じていることも多いです。

その力の入りにくいと感じるのには理由があります。力が入らない原因をハッキリさせることで苦手意識をなくすことができるでしょう。

 

では何故力が入らないと感じるのかというと単純な話になりますが打点が原因であることがほとんどです。

力が入らないと感じている人は打点を後ろで捉えていることが多い傾向にあります。そこで打点を前にするために身体がネットに対して正面を向いたところで捉えるようにしましょう。これは片手バックも同様です。

 

身体を開いて打つことで腕が前にいき、打点を前にして捉えることができます。それだけでしっかり力が伝わることでしょう。

バックハンドのスイングというのはフォアハンドに比べると自由が利かないので打点をしっかり覚えないと安定しません。

しかし打点さえ覚えてしまえばスイングは崩れにくいので安定させることができます。コツをつかめば案外バックハンドは簡単なんです。

 

力が入らないと感じている方は一度自分の打点を確認してみることを勧めます。

スポンサーリンク