テニスのダブルスでまず覚えておきたい戦術はセンターセオリーです。ダブルスをやっている人なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

このセンターセオリーというのは攻めと守りどちらでも意識しておきたいのですが、それには理由があります。それをしっかり理解したうえでセンターセオリーを実行することが大切でしょう。

 

テニスというのは確立のスポーツとも言われリスクが高くミスする可能性が高い戦術というのはあまり使いたくありません(試合の展開によっては必要です)。

 

そこで攻めていくときにセンターを中心に打っていればサイドアウトの危険性はなくなり、テニスのネットは中心が低くなっているのでネットミスがしにくいので安定してボールを打つことができます。

それと反対にストレートに打っていくというのはリスクが高く、頻繁に打つべきショットではありません。角度をつけてアングルを打ってもカウンターをくらうことがあるのでセンターを中心に攻めるのが有効でしょう。

 

守るときもセンターセオリーです。先ほど記述した通りセンターというのはミスが少ないので相手もそこを攻めてくることが多いでしょう。相手がポーチボレーしてきたときなどはセンターを守るように意識しましょう。そうすればセンターにきたボールの返球率は上がりますし、センターに打っても決まらないと相手に思わせることが出来れば相手は角度をつけて打たなければいけなくなり、サイドアウトの可能性が出てきます。

 

 

このように攻めるときは自分のミスの確立が下がり、守るときは相手のミスの確立を上げることが出来るので、テニスのダブルスはセンターセオリーだと言えるでしょう。

スポンサーリンク