競った試合になってくるとどうしてもミスがでいない場面が出てくると思います。そう思うことは正しいことなのですが、ミスをしないように緩いボールを打ってしまうと相手にやられてしまいますし、相手のミス待ちというのではポイント奪取率は高くはありません。

そのような場面でセンターセオリーで攻めていくとミスなく決められるのですが、セオリー通りに攻めるためにはその前に相手にストレート意識させることで余裕を持ってセンターに打てるようになるでしょう。

 

基本は普通のポイントもセオリー通りにいくのですが毎度そうっしてしまうと相手はストレートを捨ててポーチボレーをしてきたり、センターのボールに意識をおくようになってくるでしょう。

そうならないためにストレートに打つことも必要です。ゲーム序盤や取られても大きな影響が出にくいポイント、ゲームでストレートに打っておけば相手はストレートを意識してポーチに出にくくなり、センターにスペースが出来てセオリー通りの攻め方がしやすくなるはずです。

このストレートに打つときは相手のボディーではなく、しっかり厳しいコースに打つことが重要です。

 

こうすることで大事な終盤でセンターセオリーで攻めにいくことができて勝率を上げることにつながるでしょう。重要な場面でリスクの高いストレートに打つというのはギャンブル性が高すぎて一度うまくいってもそれが何度も続くものではないと頭に入れておくことも大切です。

スポンサーリンク