テニスの試合は風の強いときでもあり、上手く対応しないとミスがかなり増えてしまいます。

風のあるときは風を味方にする戦術が必須なので今回は基本的に有利とされている風上(追い風)のとき戦い方、注意することを紹介していきます。

 

風上で注意すること

まず最初に注意することですが風上では自分のボールが風に乗ってノビていきます。なので回転のかからないフラットで強打するとボールが落ちることなくそのままアウトしていくので、フラットでの強打は避けるべきです。

そしてもう一つ注意することとして低い打点で打たされるとボールを持ち上げなければなりませんがそのときに強く打ってしまうとアウトしてしまう危険なあるのでしっかりスピンをかけていきましょう。

 

風上ではとにかくボールがノビてしまうのでアウトしないように注意する必要があると頭に入れておいて下さい。

風上での攻め方

最世に注意することを説明しましたが、アウトすることを恐れて入れにいくだけでは勝率を上げることはできません。なので次はアウトしないようにしながらも風上でしっかり攻める方法を説明していきたいと思います。

 

風上ではどう攻めていけば良いのかというと、トップスピンを上手く使うことでリスクを負わずに攻めていくことが出来るのです。

このスピンの効いたボールをスピードはいらないのでネットの高いとこを通して高く跳ねるように打ってみましょう。そうするとたとえボールが少し浅くなってもバウンド後に風に乗ってボールがノビていくので相手は打ちにくくなります。

また、テニスは相手が打ってきた軌道と違う軌道で打つというのは少し難しくなるので、軌道の高いボールがくることが増えていきます。軌道の高いボールというのは低いボールと比べると風の影響を受けやすいので相手が打ってきたボールは失速して浅くなり打ちやすいボールになることが多くなるでしょう。

 

チャンスがきて高い打点で打てるなら多少回転量を減らしてボールを叩いていってもミスにはなりにくいのでそうしたチャンスがあればどんどん打っていくのも良いでしょう。

しかし焦って打ちにいくとミスが増えるので焦らず我慢強くラリーをしていく必要があります。

 

 

風上というのはテニスではかなり有利な状況なので、その風を上手く使いラリーすることで楽にポイントが取れるでしょう。

間違っても一発で決めにいくようなことはしないでじっくり攻めていくことがとても重要になりますので是非一度試してみてください。

スポンサーリンク