ボレーは相手が打ってから自分が打つまでの時間が短く素早い反応が必要とされます。その時にレディポジション(構え)が適切でないとテイクバックに時間がかかってしまい間に合わずに上手く打てないというパターンになってしまうでしょう。

ボレーの練習でどれだけフォームを意識していても良くならないという方もレディポジションを適切な形にすることで理想的なコンパクトなボレーにすることができるかもしれません。

 

レディポジションとは構えのことで、ボレーを打つときの間違ったものの例としては肘をまっすぐ伸ばしていることです。これは多くみられるのですが、コンパクトに打ちたいのに肘を伸ばしてしまうとテイクバック時にどうしても脇が開いてしまい、大きなテイクバックになってしまいます。

ボレーをするときに力が入ってしまったり、脇が開いてしまう方は、今紹介したようなテイクバックになっているかもしれません。

 

 

では適切なレディポジションとはどういうものかというと肩の力を抜いて肘を適度に曲げるようにしましょう。そしてラケットヘッドは頭の高さにくるようにしてヘッドを立てておきましょう

そうすることでコンパクトな準備ができて速いボールにも対応できるでしょう。

ボレーが苦手という方はフォームも大事ですが、まずは構えを見直してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク