ダブルスの前衛のポジショニングについて説明していきます。

前衛は相手が打っているときと見方が打っているときにポジションを変える必要があり、相手が打つときは前に詰めて攻めていけるポジションにいき、見方が打つときは相手前衛を警戒して守っていくことが大切です。

相手がボールを打つときの前衛のポジション

相手がボールを打つときに前衛はプレッシャーをかけながら常にポーチに出れるチャンスをうかがいながら、サービスボックスの真ん中にポジションを取りましょう(少し前に詰め気味でも良い)。前にポジションを取ることで相手にはプレッシャーがかかりポーチも数歩動くだけで取れるので攻撃的にいけます。

 

たまにストレートケアを意識しすぎてサイドライン付近で構えてしまうプレイヤーもいますがストレートに打つのは難易度がいるのであまり意識しなくて良いです。

見方がボールを打つときの前衛のポジション

今度は見方がボールを打つときのポジションですが、空いて前衛のポーチボレーを警戒します。大体サービスラインとセンターラインが交わっているところにいくようにしてセンターケアをしましょう。なので攻めていた時のポジションから斜め後ろに下がるということになります。

 

ここで斜め後ろではなく、まっすぐ下がってしまうとセンターが開いてしまい、相手のプレーを楽にさせてしまうのでそれは絶対に避けましょう。

ダブルスでの前衛の動きはこのように斜めの動きが必要になってきます。このポジションの取り方次第で試合の勝敗に大きく影響していくので練習の時はポジショニングを間違えないように注意していきましょう。

ラリーが速いときの前衛の動き

前衛はここまで紹介したように動きが必要とされるのですがラリーのテンポが速いとポジションにつくのが遅れやすくなってしまいます。構えが遅くなるとミスにつながってしまうのでこういう場面では動きを小さくする方が良いでしょう。

 

相手がボールを打つときはサービスボックスの真ん中に立ちますが、見方が打つときは小さく下がるようにして見方が打つ前には止まって待っていることが大切です。

守備も大事ですが前衛の役割は攻めることなので、守備を意識しすぎて攻撃をないがしろにしてしまうと相手にはプレッシャーがかからず楽にプレーさせてしまいますし、味方の後衛が焦ってミスをしてしまう可能性が出てきます。

なのでセンターは少しケアしますが、相手が打つときには定位置に余裕をもっていけるぐらいの下がり幅で十分ですね

 

 

前衛の方はチャンスを逃さないように常に攻めの気持ちをもってポジショニングするようにしましょう。

スポンサーリンク