テニスではダブルスはセンターセオリーというのが基本中の基本でありテニスをやっちる方なら多くの方がご存知のことだと思います。

今回紹介するのはシングルスの場合でもセンターセオリーというのが有効だという話です。テニスではシングルスでもセンターセオリーでいくことには多くのメリットがあるのでこの記事を読んで参考にしていただきたいと考えています。

ミスの確率が減る

これは説明しなくても分かることだとは思いますが確認のために申し上げますと、センターセオリーでいくことでミスがかなり減ってきます。

センターに打つことでサイドすとする危険はありませんし、ネットの中央部分は低くなっているのでネットする可能性が減りミスが減っていきます。

 

 

テニスは確率のスポーツと言われるほど確率というのは大切でミスの確率を減らすというのは大切なことになってきます。

 

相手の返球コースを狭くできる

 

そして一番のメリットとしてはセンターに打つことで相手は角度をつけて打つことが難しくなり、返球できるコースを狭くすることができます。

そうすることで自分の守備範囲を狭くすることができ、余裕をもってボールを打てるので威力のあるボールを打ちやすくなるでしょう。

 

 

これはハードヒッターを相手にするときによく使う戦術であり角度をつけさせないためエースが決まりにくくなり、相手を焦らせてミスを誘うことができます。自分より格上の相手と試合するときに何とか粘ろうと思ったらこの作戦がとても効果的でしょう。

 

焦って攻めるとミスが増える

 

以上シングルスでのセンタセオリーのメリットを紹介しました。

 

 

試合でなかなか勝てないプレイヤーでやってしまうミスとしてはセンターに打ってはいけないと勘違いして厳しいコースに焦って打ってしまうことです。もちろんセンターにだけ打っていれば勝てるというわけではないのですが焦らずセンターに深いボールを打ち続けていくことでチャンスボールがきたり、相手が角度を中途半端につけて打ってくればこちらが逆に角度をつけて打ちやすくなったりと、センターに打つことでリスクを負わずに攻めていくことができます。

 

 

冒頭にも述べましたがテニスは確率のスポーツなので無理はせず、自分のポジションや打点によって安定して打っていけるコースを瞬時に判断してミスをしないコースの中で上手く攻めていくことが大切です

 

この戦術は上級者相手にも通用するので困ったときに試してもらえればと思います。

スポンサーリンク