バックハンドのテイクバックについて紹介していきます。

フォアハンドでも紹介しましたがテイクバックが崩れてしまうと全体のスイングが乱れるので毎回同じようにテイクバックできるようにすることで安定したフォームになっていくでしょう。

 

安定したテイクバックをするには身体の捻りでラケットを後ろに引けるようにすることが大切です。構えたところから身体を捻れば腕も一緒についてきてテイクバックができるでしょう。

その時グリップエンドが左腰付近(左利きは右腰)にきているようになっていればOKです。

 

片手バックも同様です。片手の場合は右手(左利きは右手)でラケットを支えてテイクバックする形になりますが、その時に、指先でガットを触れるようにするとラケット面を意識しやすいのでおススメです。

 

ストロークのテイクバックは身体の捻り。これを理解して練習するようにしましょう。間違っても腕で引かないようにしましょう。

スポンサーリンク