テニスではフォアハンドは一番簡単なショットだと思われていることが多いですが、実は一番調子が崩れにくいショットでもあります。

これはテニスを長くやっている方は実感としてあることだと思いますがフォアというのは腕が動かしやすい分、色んな打点で打ててしまい打点が崩れたり手打ちになっていくことがあります。どれだけ上手くなっても試合で相手はその打点を崩すようにラリーしてくるので試合後にフォアが壊れてしまうというのはトッププレイヤーでもあることです。

 

せっかく練習してもフォアが安定しないと嫌ですよね?今回はフォアの調子が崩れにくくする方法を紹介していきます。

ラリー練習中はラケットをキャッチする

これは一般プレイヤーがよく受けるアドバイスですが試合に選手にも有効なアドバイスでフィニッシュでラケットをキャッチして終わるようにしましょう。

 

もちろん試合中は難しいので試合のときは仕方ない場面もありますがなるべくキャッチし、練習中は毎回意識してキャッチしてもらいたいです。

そうすることでフィニッシュの形が一定になり、スイング軌道、フォームも一定になりやすいのでフォームが崩れにくくなります。

 

フォームを崩す原因は打点にあることが多いですが、フィニッシュの形が変わってくると全体のスイングが乱れているということなので調子を崩しやすくなってしまいます。

 

プロの選手も練習中はキャッチして終わるようにしているのが大半なので実行していただきたいです。

練習や試合後にクールダウンでラリー

激しい練習や試合をしてるとバランスを崩して打つケースが増えて、それが調子を崩す原因になっていることが多いです。

せっかく頑張って練習してもフォームを崩してしまうと台無しですよね。

 

そこで練習や試合をした後はクールダウンとしてゆっくりロングラリーしながら感覚やフォームを修正して終わることを勧めます。

激しい動きをしないで打つことができればバランスを崩しませんし1球1球考えながらフォームを確認することができます。

 

 

もしスクールのように手出しでたくさんボールを打てる環境にあるなら手出しでフォームを整えてから終わるのも良いでしょう。

こうすることで、フォームが大崩れする前にフォームを修正できるので調子を崩しにくくなることでしょう。調子がyぴなと思ってこれを怠ってしまうと大きくフォームが崩れてしまい、そこから修正するのはとても大変です。

 

 

調子を崩さないためにはそうなる前にフォームを確認してその日を追える習慣を身につければ崩れずに済むことでしょう。

 

 

もしボールが打てなければ素振りでもOKです。素振りはボール関係なく身体の使い方だけ意識して練習できるのでとても良い練習です。素振りは初心者だけのものではないので、もしやっていないのであれば素振りをすることを勧めます

 

 

 

フォアハンドというのはとても調子を崩しやすくフォームがとても大切なので、今回紹介したにフォームを崩さないようにするための方法を是非参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク