今回紹介するのは雁行陣のときに相手が並行陣(2アップ)の形で攻めてきたときの対処方法です。

 

焦ってエースを狙いにいったり強いボールを打ちにいくとミスが増えるのでリスクを減らしつつしっかり対応することが大切になってきます。正しい対処法を理解することで焦らずラリーできポイントにつなげることができるので参考にしていただければと思います。

 

速いボールは必要ない

ダブルスに慣れていないジュニアプレイヤーや一般プレイヤーによくある傾向として相手が前に来た時に、速いボールで強引に取りに行くパターンがあります。

 

確かに相手が反応できないほどのスピードならば効果がありますが、並行陣をベースにして攻めてくる相手は基本的に速いボールには対応できるのであまり効果的ではないでしょう。

 

 

速いボールというのは反応されてしまうと速いボールで帰ってきてしまうので逆に自分の余裕がなくなってミスにつながる可能性がありますし、速いとネットを超えてからボールが落ちにくいので足元に沈めにくく高い打点でボレーさせてしまうのでミスを誘えません。

 

速いボールで攻めるというのも一度試してみる価値はありますが、通用しないのであればすぐに他の作戦に変えた方が良いでしょう。

徹底して足元に沈める

それならどうすれば良いのかというと徹底して相手の足元に沈めるようにしましょう。

 

スピンがかけられればスピンで沈め、もし打てないのであればスピードを落として足元を狙っていきましょう。そうすることで相手はローボレーを打つことになりボールを持ち上げなければならず、叩いて強いボールを打つことができません。

 

 

相手はネットミスを避けなければならないのでボールを持ち上げる形になりバランスを崩してボールが浮けばこちらのチャンスになります。

前衛のプレイヤーはそのチャンスをうかがないがら浮いたときにポーチに出て決めにいくようにしましょう。

 

 

足元に沈めるコースとしてはセンターが良いです。アングルショットで角度をつけてしまうと相手も角度をつけて打ってくるので角度のあるドロップショットを打たれたり前衛がポーチに出にくくなってしまいますが、センターに打つことで相手は角度をつけにくくなり前衛がポーチに出やすくなります。

 

ダブルスでは後衛が決めにいくのはリスクが高いので前衛が決めにいける形を増やすのが好ましいです。相手が並行陣で攻めていてもしっかり対応すれば大丈夫なので焦らず足元に打つということを徹底しましょう。

スポンサーリンク