テニスは確率のスポーツでありこのサイトでも確率の重要性は様々なとこで説明してきましたが、レベルが高くなるにつれてときにはリスクを負って攻めることも必要になります。

 

もちろん無謀な選択はしてはいけませんが多少のリスクを負って攻めていくことで相手にプレッシャーをかけることになりミスを誘うこともできるので、流れを自分のものにすることができます。

 

ではリスクを負うというのは具体的にどういうものなのか紹介していきたいと思います。

ダウン・ザ・ラインを打つ

ストロークでリスクを負うということを考えたときに一番思いつくのはダウン・ザ・ラインに打つということでしょう。

 

ダウン・ザ・ラインというのはサイドラインに沿ってストレートに打つショットのことであり、ダウン・ザ・ラインに打つのはクロスに強打するよりもリスクが高くなります。

 

 

ダウン・ザ・ラインに打つに速いボールを打つことができれば相手は追いつけずにエースになるかバランスを崩して打つことになりコントロールミスを誘うことができるので効果的です。また、ダウン・ザ・ラインに強烈なボールがいくことで、その後のラリーでも相手はストレートを警戒してクロスに来た時の反応を遅らせることができるので上手く決まればその後はリスクを負わなくても主導権を得ることにつながります。

 

とはいえリスクの高いショットであることは変わりないのでダウン・ザ・ラインに打つときは自分の立ち位置、打点の高さなどでどのくらいのスピードまでならミスをしないという判断を瞬時に行えることが求められるので、普段の練習でその感覚を磨いていきましょう。

 

セカンドサーブで攻める

次にサーブでリスクを負うとするならばセカンドサーブ通常より回転量を減らしスピードを上げて攻めていくのも効果的と言えるでしょう。このとき普段打っているコースと反対のコースに打つとさらに効果的です。

 

通常セカンドサーブになると回転量を増やしてスピードが落ちるので相手は攻撃的になりテイクバックが大きくなったり、回り込もうとして早めに動いてきたりします。

 

 

そこで速いサーブを打つことで相手は逆を突かれる形になりサーブでポイントが取れるでしょう。

もし普段スピンサーブをセカンドで使っているならスライスサーブで攻めていくことでリスクを最小限に抑えて攻めていけるのでスピンサーブが打てるのであれば、ここぞという時にスライスサーブを打ってみてはいかがでしょうか。

リターンで攻める

最後に紹介するのはリターンでリスクを負って攻めていくということです。

 

リターンというのは守備的なショットであり通常は確率を重視して返球することが大切です。しかし攻めることをしないと相手は安心してしまいなんのプレッシャーもかけられません。

 

 

そこで相手にプレッシャーをかけるためにも攻撃的にリターンをしていきましょう。リターンで攻めると言っても大振りして強いボールを打つのではなく、リターンのポジションを上げて早いタイミングで打つとリスクを抑えながら攻めていくことができます。

 

リターンのポジションを上げることで早いタイミングで打つことができるので相手の時間を奪うことができ、そこまで速いボールを打たなくても速いボールを打った時と同等の効果が得られます。攻めていくときはストレートに打つか角度をつけて打てるとさらに良いでしょう。

 

リスクは最小限に抑える

以上リスクを負って攻めることを具体的に説明しましたがここで大事なのはリスクを最小限に抑えるということです。

 

リスクを負うことは必要なのですがあくまでもテニスは確率のスポーツであり、入る確率が低いボールは打たないようにしましょう。ミスでポイントを与えてしまうと相手は楽なプレーができリラックスしてプレーできるようになってきます。

 

大事な場面で自滅してしまうことほどもったいないことはないので、攻める気持ちを持ちながら冷静な判断をすることを心掛けておきましょう。

スポンサーリンク