あまりダブルスに慣れていないプレーヤーたちが試合をしているとポジションが皆違うというのを多く見かけます。

その理由としてはフォーメーションを知らないというのもあるとは思うのですが一番は自分の技術や反応に自信がなく、自信がないショットを避けるためにおかしなポジションにいてしまうこともあるのではないかと思います。

 

確かにバックボレーが苦手ならなるべくバックで打たないようにポジショニングすれば打たずに済むかもしれませんがそれではパートナーに負担がかかりますし、相手を楽にプレーさせてしまうことでしょう。

 

ここではやっていけないポジションの例、そのポジションをとることで起きるデメリットを紹介していきます。

 

2対2が2対1になるパターン

前衛にいるときの話になりますが相手がストレートに打ってきてサイドを抜かれてしまった後に次はに抜かれないようにするためにサイドに寄り過ぎていることはありませんか?

 

そうすればサイドを抜かれなくなるかもしれませんがセンターのボールが取れなくなり前衛がボールを触れることは一気に減ります。

前衛がボールを取れなくなるとパートナーである後衛が全てのボールを取ることになり実質2対1になってしまうでしょう。

 

2対1になってしまうと言われなくても分かるとは思いますが圧倒的に不利になってしまい相手に気持ちよくプレーさせてしまうでしょう。

 

なので例えストレートを抜かれたとしてもサイドに寄ることは避けた方が良いです。ストレートに打つというのはリスクが高いことでありそう何度も決まるものではありません。

もし何度も抜かれているのであればそれは抜かれる前のボールが甘くコントロールしやすいということなので、抜かれることを防ぐにはポジションを変えるのではなく、ストロークを深く打つということを徹底した効果的です。

 

自分の技術のことは置いといてミスを誘う

テニスではシングルスでもダブルスでも究極の戦術と呼ばれるものがあります。それは自分がボールを打たないでポイントを取るということです。

 

どういうことなのかというとしっかりとしたポジショニングをして相手に難しいコースを狙わせてミスを誘うということです。

ダブルスは特にこのポジションを適切にすることで相手の打てるコースを制限できるのでポジションというのがとても大切であり、自分を楽にさせてくれるものでもあります。

 

なので自分の技術に自信がないからと言ってオープンコートを作ってしまうのではなく、相手に難しい選択をさせることがダブルスで勝つために必要なことと言えるでしょう。

 

とはいえいくら良いポジショニングをしても甘いボールを打ってしまうとやられてしまうので普段の練習で強いボールではなくても深いボールをしっかり打つというコントロールを身につけることで良いポジションが効果的になりますので練習のときに意識してみることを勧めます。

スポンサーリンク