バックハンドストロークの間違った意識として力が入りにくいと勘違いしているプレイヤーは多いです。

確かにテニスを始めたばっかりで適切なフォームを覚えていないというならわかりますがある程度フォームができていないのに力が入りにくいというのはおかしな話です。

ではなぜバックハンドは力が入りにくいと思われているかという原因と改善方法をこれから紹介していきます。

バックハンドの打点を直そう

なぜ力が入りにくいのかというと原因はおそらく打点にあると思われます。

バックハンドはテイクバックするときに肩をしっかり入れて打つのですが、ボールを打つときに肩を入れ過ぎたのが原因で振り遅れていしまうことがあります。そうなると打点が後ろになってしまうので力が入りにくくなるでしょう。

 

自分では良い打点で打てていると思っていても力が入りにくいと感じるのならそれは適切な打点ではありません。

 

 

ではどうすれば良いのかというと答えは簡単で打点を前にして取るようにしましょう。

 

打点を前で取るにはボールを捉えるときに身体がネットに対して正面を向くようにすれば自然と打点が前になるはずです。一昔前のバックハンドに対するアドバイスでは横向きでボールを捉えて運ぶようにして打ちましょうというのがありましたがそれでは打点が後ろになってしまい現代テニスには向いていないでしょう。

 

スライスを打つときにはそれでも打てるとは思いますがスピンを打つには打点を前にしなければなりません。今では片手バックハンドでも変え仇を開いて打つ時代なので一昔前の打ち方は忘れましょう

 

 

打点を前で打てれば力が入りやすくなり面を合わせるだけでも十分飛んでいくはずです。

バックハンドはこの適切な打点さえ覚えてしまえば簡単なのでフォームに気を取られ過ぎて打点が疎かになっていないか一度確認してみてください。

スポンサーリンク