並行陣で仕掛けようとするときにペアで上手く連携が取れていないと前衛がパートナーが前に出ていることに気づかずにおかしな動きをしてしまうことがあります。

このミスはペアでしっかり連携が取れていれば防げるので簡単な連携の取り方の良い例悪い例を紹介していくので参考にしていただければと思います。

前衛が振り向いてパートナーの動きを確認

これはダブルスにあまり慣れていないプレイヤーがよくやる方法だと思うのですが、前衛が振り返ってパートナーの動きを確認する方法があります。

 

確かに振り返っておけばパートナーが前に出るのか出ないのか分かるので連携は取れるかもしれませんがこれでは相手前衛の動きが見れないのでポーチに出られたときに反応が遅れてしまう危険があります。

前衛は見方が打つときには相手の様子を見ておく必要があるのでこの方法はあまりお勧めできません。悪い例の一つですね。

 

連携を取るのは必要ですが相手の様子を見ながら上手く連携を取る方法を考えた方が良いでしょう。

パートナーの足音で感じる

高等技術になりますがパートナーの足音でネットに詰めているか感じるという方法もあります。

これなら相手前衛の様子を見ながらできるので効率的と言えます。パートナーがネットに詰めてきているなら足音が近くに聞こえ、出ないのであれば聞こえにくいのでそこで判断していきます。

 

理屈ではできますが難しい連携であるとも言えるのでこれが出来なければまだ別の方法があります。

ポイントが始まる前にコミュニケーションをとる

これは初心者から上級者でも誰でもできる方法なのでかなりお勧めできるのですが、ポイントが始まる前にコミュニケーションをとって前に出るか出ないか決めておきましょう

 

サービスダッシュやリターンダッシュで前に出ていくときに使える方法です。これならボールを打つ前から分かるので動きもスムーズになり無駄な動きなく並行陣に入ることができます。

サービスダッシュではこれで問題なくできるとは思いますがリターンのときはセカンドサーブの時だけリターンダッシュするようにした方が良いでしょう。

 

ファーストサーブで前に出るのはリスクが高く、フォーメーションが崩れてしまう危険性があるので確実にいけそうなときだけ前に出ると決めておくようにしましょう。

前衛に声をかけて前に出る

そして最後に紹介する方法になりますが、後衛のプレーヤーが前に出るときに前衛に声をかけて出るようにしましょう。

これが一番確実で誰でもできる簡単な方法だと思います。

 

後衛がボールを打つときに”出るよ”と声をかければパートナーは振り返ることなく理解することができるのでスムーズに並行陣になることができるでしょう。

この方法ならペアを組んでまだ日が経っていなくてもできるので基本的な連携の取り方と言えます。

 

 

このように連携の取り方は様々あるのでこれ以外でもなにか方法が思いついたら試してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク