私は練習した後にフォーミングすることを勧めているのですが皆さんはフォーミングをご存知でしょうか。

フォーミングというのはフォームを整えるということで、練習で激しく動いた後は上級者やプロでもフォームが乱れてしまっていることがあります。それを放っておくとフォームが壊れてしまい調子を崩してしまうでしょう。

 

そこでフォーミングを練習の最後にすることで乱れていたものを直し、調子が崩れることを防ぐことができます。今回はそのフォーミングの方法をいくつか紹介していくので参考にしていただければと思います。

球出し練習でフォームを確認

これはテニススクールでやっているとこもあるのですが練習後に球出しでフォームを確認する方法があります。

こうすることであまり動かずにボールが打てるのでフォームを確認することだけに集中できますし、ボールを打つ感覚を感じながら打てるのでフォーミングの練習としてはかなり良い練習方法です。

 

 

もしボールを沢山持っているなら誰でもできるので、この方法でフォーミングすることをお勧めします

ストレートラリーでフォーミング

上記の方法でできるなら一番良いかと思いますがボールの数がないとできなかったり拾うのに手間がかかったりするので嫌だと思う方もいるでしょう。

 

そこでストレートラリーでフォーミングするという方法があります。ペースとしてはゆっくりコントロールを優先してラリーしていきましょう。

これは練習後のフォーミングなのできついボールは取りにいかなくて良いです。もし無理してボールを打ってしまうとバランスを崩してしまってフォームを崩してしまう危険があります。

 

普段のラリーなら2バウンドするまで走っていくことが大事ですが、このときはフォーミングが目的なので2バウンドしてしまっても構いません。

そうすればあまり動かないでボールが打てるので自分の形で打てるようになり、フォームを整えることができるでしょう。

素振りでフォームを直す

先に紹介した二つの方法の中から選んでもらってフォーミングするのが良いのですが、スクールや部活だと練習メニューが決められていて練習後にボールやコートが使えないという方もいると思うので、最後はコート外でできるフォーミングを紹介します。

 

方法としては簡単で素振りをしましょう。

 

ボールを打つ感覚は出ないですが素振りなら身体の使い方だけ意識してできるのでフォームを整えるという意味では一番最適なのではないかと思います。

素振りならどこでもできるので誰でもできるとは思うのですが注意することとして、力を抜いて振ることと、テイクバックとフィニッシュの形が変わらないようにしましょう。

 

この形が変わらないようにして素振りができれば同じようなスイングができているということなのでフォームを整えることになります。

 

最後に

最後にテニスではフォームを崩してしまうと調子を落としてしまいそこからまたフォームを直すのは大変です。

 

上手くなってきたなと気を抜いて雑に練習してしまうとまた一からやり直しなんてことになるかもしれません。

練習語彙フォーミングすることで手遅れになる前にフォームを整えることができるので調子が安定し、確実にレベルアップしていけることでしょう。

スポンサーリンク