テニスではラリーの基本練習としてストレートラリーをやっている方は多いと思います。

ストレートラリーはどんなレベルになってもやる練習の一つですが何となくラリーしていて練習の効果があまり出ていない方も見かけます。今回紹介するストレートラリーで注意することを参考にして練習して頂ければと思います。

 

どのスタンスで打つか意識して動く

ストレートラリーは正面で打ちあっているため動かなくても自分のとこにボールが向かってきてくれてスタンスを意識しなくても感覚だけでコントロールできてしまうことが多いです。

 

確かにボールを打つ感覚を磨くというのは大切なことなのですがストロークというのはスタンスによってボールの質や精度が変わってくるのでスタンスを意識するというのはとても大切です。

 

 

どれだけ感覚が優れていてもフットワークが悪ければ打点に入ることもできないのでその場で打てるようなボールでも足をしっかり使うようにしましょう。オープンスタンスやスクエアスタンスなどで打ちやすいボールは変わってくるのでつなぎにいくときはオープン、攻めていきたいときはスクエアでいけるようにフットワークを使って打つ必要があります

ミスをしないように注意する

これも感覚を重視しているプレイヤーに多い兆候なのですが、良いボールを打つことだけを考えて確率を無視しミスが多くなっていることがあります。

 

速いボールを打ってコントロールできると気持ち良いので打ちたくなる気持ちもわかりますが、それではストレス解消になるだけで試合の役にはたちません。

テニスプレイヤーはボールの精度を上げるために練習することが大切で、ミスをしない癖をつけるようにしていきましょう。

そうすることで状況判断が上手くなり試合で安定したボールを打てるようになってくるはずです。

ボールの軌道をイメージして打つ

最後にこれはラリー以外の練習時にも注意した方が良いのですが自分の打ったボールの軌道と落下地点を意識しながらラリーしていきましょう。

 

どの高さに打てばどこにボールが落ちるのかというのが分かっていれば試合のときにも役に立ちミスを減らすことができます。

 

そのとき軌道としてはネットすれすれを狙うのではなくネットからラケット一本分辺り上を狙うとネットミスを減らせてボールも深く入るでしょう。

テニスでは速いボールも必要ですがニュートラルボールという安定して入れることができてラリーを組み立てられるボールが重要になってきます。

 

 

そのニュートラルボールを打つためにはボールの軌道を安定させる必要があります。ネットしないで安定したボールが入る軌道を知ることで試合のための練習が出来るようになります。

最後に

もしこの記事を読んだあなたが週に一回しかプレーせずストレスが解消できれば良いのであれば今まで通りラリーしていても良いと思います。

 

しかし試合に勝ちたいと思うのであれば少しでも試合を想定した練習をして、一球一球大切にうつようにしましょう。

今回記事にしたことだけでも実践して練習していけば勝利に近づくことができるはずです。

スポンサーリンク